みなさん、こんにちは 久しぶりの更新!ですね。

今日は、TastyTable(テイスティーテーブル)の体験会に参加してみました。
TastyTableの創業メンバーである北国さんは、ベルリンで何度かお会いして、新しいサービスを始めた!と耳にしたので、お邪魔することに😋

こんな感じの献立が食べれるらしいぞ!🍖

ああ、美味しそう…


 TastyTableは、簡単に説明するとブルーエプロンの日本版。お店で作れない美味しい手料理ができるのです。今回は、体験もできるということで、(タダ飯だ!!と思いつつ)料理をして、食べてきました。

そもそもBlue Apron(ブルーエプロン)は、2012年に開始した、アメリカ・NYなどで人気のレシピつき食材宅配サービス。現在は、月に8,000,000食、売上は、年間 約1,000億円だそう。盛り上がってる!

via Blue Apron

ちなみに、アメリカだけでなく、ドイツでもHELLOFRESHなどをはじめとした宅配サースは人気が高い。

サービスの説明をする代表の田尾さん

こんな感じで小分けして配送されてくる

スマホor紙のメニューを見ながら、進めるぞ〜!メニューには、切り方や焼き加減など詳細に書いてある。

そして、出来たのがこちら!!


鳴門金時の炊き込みご飯と、鶏肉と蓮根の柚子胡炒め

他の献立として、「ムール貝のクリームソースリングイネと5種のきのこのスープ」、冒頭のお肉の「トスカーナ風豚肩ロースのアリスタ柿とルッコラのサラダ〜バルサミコキャラメリゼソース〜」などなど、家庭で料理をしている人でも難しそうなレシピが続々。
こだわりの食材で、レパートリーが増えるのは楽しいですよね。

料理がしたいけど、作り置きできるものにしなきゃとか栄養を考えなきゃとか、先に考えてしまって諦めてしまうのは悲しい…。このサービスは、簡単に料理ができるというだけでなく、料理する生活や料理を振る舞う楽しさを味わえるということがこのサービスの面白さだと思いました。健康にお腹を満たすだけでなく、イベントとして楽しむ料理をしてみたいものです。