USのAppStoreを見ていたら、全然知らないアプリが1位になってました。その名は「Sarahah(サラハ)」。Sarahahは、匿名で友達や同僚にメッセージが送れるアプリ。(Sarahahとは、アラビア語で正直という意味)ちなみに、GooglePlayのチャートでもトップらしい。

50


ティーンからの匿名アプリは人気ジャンルで、過去にもYik YakやSecret、After Schoolなどたくさんのアプリが利用されてきたけど、どれもネガティブな使われ方で長期的にうまくいくことはない。(いじめなどに使われるためサービス終了しちゃったり)

アラビア生まれのアプリ
37

Sarahahは、もともとサウジアラビアのSaudi Arabianさんが作ったもので、仕事上でのフィードバックを匿名でできるようにしたいというところからアプリを開発。そして、アラビアを中心にじわじわ人気になり、エジプトで250万DL、チュニジアで170万DL、サウジアラビアで120万DLを記録。



6月から3ヶ月でUS市場で大ヒット

それから英語対応をして、アメリカだけでなくイギリスやオーストラリア、ブラジルなど25カ国でAppStoreランキング1位を獲得しました。英語圏じゃないところからこれほどヒットしたコミュニケーションサービスはあまりないと思います。現在のユーザー数は1,500万人。

サービスのポイント
・匿名のフィードバックで、送信者が分からない
・返信はできない
・もらったフィードバックなどをソーシャル上で公開するのが流行っている

誰からもらったか分からないモヤッと感、嬉しい言葉をもらったときの自慢したい気持ち、ひどい言葉を言われたときのつらさ、スマホを触っていれば必ずシェアしたくなるはず。特にスナチャとかのストーリーにあげるのは流行ってるとか。

匿名アプリの成功の道はない・・・?

前例から考えると長続きはしなそうなアプリですが、匿名アプリでユーザー数を爆発的に獲得して、ネットいじめや誹謗中傷のネガティブではなく、ポジティブかつ長期的に利用されるのは難しいんですかねー…。匿名のコミュニケーションは、悪用されがちですが、インターネットのいいところでもあると思うし、、難しいですね。