ミキレポ


こんにちは\( ˆoˆ )/ 今日は言語学習者向けの相互添削型SNSを運営されている株式会社Lang-8にお邪魔しました。私も高校時代の留学中使っていたので、今回インタビューした喜さんにお会いしたときは嬉しかったです。やっぱり使ってるサービスを作るひとにお会いできるのは感動しますね…!


留学中見つけたコミュニケーションでは習得できない語学力


ーLang-8が生まれたきっかけを教えてください。

元々中国生まれ4歳から日本で育っているのですが、中国に対して知識や語学力がなかったので、学ぶために大学時代に休学をして上海に留学をしていました。 寮では中国人と一緒に住んでいたのでだいぶ上達しましたが、会話の中身が大事なので多少間違っていても注意してくれないんですよ、通じればいいので。それでニュアンスとかもしっかりできるようになりたいと思って中国語で日記を書いて友達に添削してもらっていました。最初は3行くらいで最後はA4で2ページくらい書けるようになっていました。向こうでは日本語は人気だったので、代わりに僕も教えてあげて。
これって良い仕組みだなあと思って、日本に帰ってきたらミクシィが大流行していたので、オンラインでやったら面白いなと思ったのが最初です。

今回お話を伺った株式会社Lang-8 CEO 喜洋洋さん


ー最初はおひとりで?

最初の半年は一緒に起業した友達もプログラミングができなくて、その半年後は友達が抜けてひとりで運営していました。その1年半後にエンジニアの同級生とやっていたのですが、そのエンジニアも卒業して就職してしまいました。それからまた東京に来るまでは基本的にはひとりで運営していました。


ーそれすごい…!!(笑)プログラミング未経験のままおひとりは怖くなかったですか?

最初の半年はほぼよくわからないままほったらかしで動かしてました。たまに気まぐれで来るアルバイトの子にまかせてるっていう超ヤバイ状態でした(笑)やっぱり社長もプログラミングができたほうが圧倒的にいいなと身を持って知ってから、本格的に独学で勉強しました。


ー大学4年生からサービスを始められたとのことですが、就活はどうされたのでしょうか?

就活はしませんでした。当時は、起業やビジネスコンテストを運営しているひとが多かったので、周りがそういうムードで抵抗はなかったです。一番最初に一緒に起業した子がイケイケだったので、半分勢いですね。 それと一応大学院も受かってはいたのですが、入学届けと休学届を一緒に出して。戻る気は一切なかったんですが、親には休学してるから。。みたいな感じで(笑)それで、MAX3年休学して、退学しました。



ーなかなか勇気がないとできないですよね、すごいなあ…。7年間頑張れた理由、支えたものはなんだったと思いますか?

起業当初はお客さんのためって言ってる経営者はポジショントークだと思ってたんですが、本当にユーザーさんの声が1番のモチベーションになることを痛感しました。
「こういうサービスほしかった…!」とか「Lang–8超使ってます!」とかメール頂いたり、極稀にお手紙とかも頂いたりして。そういう声を頂いて今まで頑張れたと思います。

メンバーの方々は新サービスについてのミーティング…わくわく


ー確かにユーザーに愛されているサービスというイメージがあります。

そうですね、昔お金がなかったときには寄付を募っていたことがありました、数十万集まりました。本当にありがたいですね。

舞台は京都から東京へ


ー京都と東京のスタートアップの違いは?

基本的に自社サービスやるなら東京のほうがいいと思います。採用や情報交換も比較的しやすい環境でもあるし、関西は受託系の会社が多いので。あとは、イベントや勉強会も京都にいるとサクッと行けないんですよね。でも、オフィス代は京都は東京より安いのでそういう面では京都はとても環境はよかったです。京都じゃなかったらサバイブできてなかったと思います。。(笑)

みんなの堀北真希…!!!!お水も飲めて色々オアシスな場所



ー起業家支援プログラム OpenNetWorkLab(以下Onlab)に去年参加されていましたが、参加された理由が気になります。Onlabは未登記のサービスやまだできてない段階からのチームが多いイメージが個人的にあって!

最初は入るつもりはなかったのですが、プログラムに参加していたQiitaを運営しているIncrements社とか見てていいなとは前から思っていました。起業してから5年くらい経つのもあって難しいと思っていたのですが、Onlabの前田ヒロさんに誘われたのと当時東京で新しくチーム作ろうとしていたので外部から定期的にミーティングできるほうがいいなっていうのも理由のひとつです。また、オフィス代が1年間無料になることも魅力でした。


ーユーザーはどんな方が多いですか?

年齢だと20代が半分で、その次が30代、10代。学生さんや主婦が多いですね。 国別だと、日本が一番多いですが7割が海外です。海外は、日本・アメリカ・中国・ロシア・韓国・イギリスという感じです。


ー言語はどんなものがあるのでしょうか?

言語のリストがあって一応90言語あるんですが、日本語を中心にすべて使われています。 マイナーなものだとクロアチア語とか。そういうマイナーな言語って勉強したいと思ってもテキストすら手に入らなかったりするんです。辞書も日本語ークロアチア語の辞書とかないので、日本語→英語英語→クロアチア語って翻訳するみたいな。なので直接クロアチア人と交流して、しかもお互い教え合うことができるっていうのはLang–8だからできることだと思います。


ーユーザーが最初に一気に増えた瞬間は?

ベタですが、はてなブックマークです。シリコンバレーに出張行ってるときに、いつもは1日10人くらいしか増えなかったのに急に600人増えてびっくりしたのを覚えています。テック系の女性ブロガーの方の記事で紹介してくださいました。日本では、クチコミやイベントを中心に知ってもらうことが多いです。

窓が大きくて仕事が捗りそうな机です!(私的ここが一番lang-8オフィスベストスポット( ˘ω˘ ))


ーでは海外ではどうやってユーザーを獲得されたのでしょうか?

海外は地道にライブジャーナルやFacebook、マイスペースなどのSNSのコミュニティに書き込みをしていました。
また、日本のことを英語で紹介してくれてるブロガーさんにメールを出して、よかったら取り上げてくださいとお願いしたり。


ー1番のサービスのポイントを教えてください!

ネイティブに教えてもらえる・添削してもらえることです。ユーザーさんに評判が良い機能は、1行1行添削できるのが人気の機能です。

一行ずつ添削してくれる…!


ーサービスを作ってるときに楽しかったこと・苦しかったことは?

楽しかったことは、ユーザーさんの反応をもらったときやたくさんの人にサービスについて知ってもらったとき。最近だと、中国のミニブログサービス微博(ウェイボー)でつぶやかれて2日で数万人増えたときは嬉しかったです。

反対に苦しかったことは、初期のエンジニアがいなくなって初めてひとりになったときに、自社サーバー15台とユーザーさん10万人を抱えてプログラミングまったく分からない状態でオフィスにいたとき。お金も全くなくて猛勉強しました。

Lang–8のツイートをリツイートしまくるのも当時の名残で、いつサービスが止まったか分からないので、ひたすらツイートを見る癖がついたんです。「Lang–8重い」ってつぶやきがあったあとにだいたい止まるのでそのときの名残ですね。


技術本がたくさんありました!


ー1日のタイムスケジュールを教えてください。

日によりますが、10時出社です。家が近いのもあって、昼にハムスターの世話兼お風呂に入りに自宅に戻ります。それからは夜までひたすらオフィスにいます。開発とかお問い合わせ対応、もろもろ全部やっています。大体夜までやってジム行って寝るみたいな生活です。

お仕事中の喜さん



ー今(アルバイト含めて)何人くらいで構成されているんですか?

社員はデザイナーと僕、そして今月からリモートでiOSエンジニアの3人です。事務のアルバイトの方2人、iOSエンジニアのフリーの方が5,6人いる感じです。Railsのアルバイトが関西にひとりいます。


ー1人目の社員(デザイナー)さんの入社のきっかけは?

元々京都にいたときからアルバイトとして手伝ってもらっていました。なので結構付き合いは長く、技術力や真面目さはよく知っていました。その後、他に就職していたのですが東京に移転したタイミングで入社してもらいました。

喜さんとデザイナーさん

気になるの新サービスの内容とは…!


ー新しいサービスについて教えてください。

ネイティブスピーカーに簡単に質問をできるアプリ
を作っています。Lang–8は外国語で文章を書くのでモチベーションの高いひとにとっては良いのですが、このアプリはもっと気軽です。「英語でこれはなんていうの?」とか「これとこれはどう意味違うの?」とか質問をすると、即レスでネイティブスピーカーからチャット形式で返信をもらうことができます。使い方としては、nanapiのアンサーのような感じです。今はテストユーザーのみで公開しています。

例えば、スラングが多くてわからないツイートをもらった時はそのスクショを撮って質問すると、これは女の子が使うスラングで言い換えるとこうだよと返信をもらえます。
Lang–8は添削率は高いので回答はそんなに心配していなくて、いかに投稿の敷居を低くするかにかなり注力しています。



ーアプリはいつ頃利用できるんですか…!!?

最初は日本で利用できないのですが、できれば9月中に公開したいです!

新サービス早く使いたい…バンバン(ノシ・ω・)ノシ


ー今後のビジネスモデルを教えてください。

今はLang–8本体のアクティブ率をあげるためにもアプリに注力しています。アプリでも有料会員と広告で、有料会員だと投稿が目立つところに表示されたり、添削とか回答がもらいやすくなったり。あとは、音声のアップロードが長くできたり制限系を考えています。ビジネスマンに即レスがもらえる、相手の属性を指定して質問回答をできるようにしたいです。将来的に1000万人とかユーザーが増えたときには、CtoCのプラットフォームとして、「日本語1時間1000円」とか「IT英語1時間1000円」とかいろんなひとが色んな言語を教え合える場所にしていきたいです。


ーこれからの展望について教えてください!

サービスの舞台がPCからスマホに舞台が移ってから、ほとんどの語学系のサービスってコンテンツ系でクイズやリスニングとかが多いんです。Lang–8にはネイティブスピーカーの持ってる知識をエクスチェンジできるプラットフォームがある。なので、ユーザー同士から生まれる語学サービスで1位になりたいと思っています。海外の人とコミュニケーションするとき文法だけじゃだめで考え方や習慣も理解していないとうまくコミュニケーションできないので、ひと同士だったらできると思っています。最終的には1億人目指して、やっていきたいと思います。


最近は、新しいサービスが毎日にように生まれていますが、まだまだIT系以外のひとや本当に求めているユーザーに出会うのは難しい。Lang-8は本当のユーザーがたくさん集まっていてユーザーに愛されていることがとても伝わってきます。たくさんの本当のユーザーに愛されるには簡単ではない道のりからなのだと心を打たれました。今日は貴重なお時間ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、無料で誰でも30秒でネットショップを作ることができるスマートEC作成サービス「BASE(ベイス)」を運営しているBASE株式会社にお邪魔させていただきました( ˆωˆ )




エントランスめちゃかっこいい!棚にはBASEのパンフレットやチラシが置いてありました。

母がネットショップを作れなかったことがきっかけ



ーBASEについて教えてください。

BASEは誰でも簡単にネットショップが作れるサービスです。作ったきっかけは僕の母が大分で小売店をしていて、ネットショップをやりたいって言い出したときに色々なサービスを紹介したんですが、結局難しくて作れなかったと言われたことがきっかけです。こういうひと世の中にたくさんいるんだろうなと思って、そういう人たちでも作れるネットショップを作りたいなと思いました。

お話を伺った代表取締役 鶴岡裕太さん。


ーBASEは家入さんが始めたものづくり集団Livertyで生まれましたが、出会った経緯は?

元々3・4年前にクラウドファンディングのCAMPFIRE(キャンプファイヤー)でエンジニアをやっていて、そこ関連で家入さんとLivertyっていう組織でサービスを作ったりしていました。その中でBASEを作って、家入さんに支援してもらいながら起業しました。

CAMPFIRE自体は元々インターネットが好きでKickstarterの日本版が出来るっていうのを知って、中央線に揺られながら求人を見つけて家に帰ったら応募していました。

BASE関連のグッズとともに家入さんの写真が!






ー創業メンバーの中でほかに学生はいらしたのでしょうか?

いなかったです。創業メンバーはほかの仕事をしながらLivertyから手伝ってくれたメンバーがほとんどだったから、今残っているメンバーはそんなにいないです。でも、当時のメンバーにはとても感謝してます。

スタートアップのメンバー集めってめちゃめちゃ大変で、メルカリの山田進太郎さんとかだと過去の経験があって誰が優秀か見抜く力がすごいし、優秀なひとが元々近くにいるからチームビルドが早いと思うんです。だけど、学生起業家だと良い人材が取れないとか元々お前についていきたくないよみたいな大人も少なくない。
僕の場合は、家入さんの人脈とか後ろで支えてくれたひとの存在は本当に助けられました。そういう意味では普通の学生起業家よりも恵まれていたと思います。

ディスプレイ大きい…!


仕事しているのが遊んでいるようなもの



ー今のメンバーの人数を教えてください!

 
役員いれて30人くらいです。割り合いは、エンジニア・デザイナーが10人、マーケター・カスタマーサポートが10人、あとはバックオフィスといった感じです。 


終始楽しそうな職場


ーBASEのメンバーの方ってBASEっぽさがあるというか独特の雰囲気を感じます、採用についてのポイントはありますか?

そうですね。やっぱり社風が独特で、他の会社と比べてうちはそんなに働いてないし…(笑)働いてないというかずっとざわついているし、突然かき氷作り出したりするし…。でも、ひとを採用するときは人柄を見ています。僕も学生から起業をしたので、実務面で誰が優秀か優秀じゃないか分からなかったので。だからそういう意味では社風に合うかどうかしか見ていないです。

たまにみんなでゲームをするとき用のBASEおもちゃばこだそう。


ー鶴岡さんとメンバーの付き合い方に気をつけていることはありますか?

特に意識してないです。今は30人くらいだから、仕事仕事っていうよりも楽しみながら働いてくれるといいなと、雰囲気を重視しているので。でも、最近だと組織にしてかなくちゃなとは思っているけど、やっぱり楽しみながらサービスを作れるっていうのはいいかなと。楽しみながらサービス作ってる人には絶対に勝てないと思うので。

メンバーと談笑中(鶴岡さんのサッカーボールはBASEショップで買ったそうです!)


フラットの部分でいうと結構割り切ってるところがあって、今後のBASEについてやイケてるサービス作るぜみたいなところはどの社員よりも負けてないと思うんですが、エンジニアリングとかコミュニケーションとかは社員のほうがすごいと思うので徹底的に権限移譲しちゃってます。僕しかできないところは僕で、他は社員にまかせてます。

ー仕事をしていて意識していることは? 



そうですね…。最近意識していることは、「判断する回数は多く判断するスピードは短く」っていうことは大事にしています。もしも会社が人間だったら、週に1回しか判断する機会がない人だと全くイケてない判断能力しかなくなると思うので、会社も同じだと思います。なので仕事でも、どれだけ多く判断できるかは気にかけています。



最近CTOに就任されたモバツイ開発者「えふしん」こと藤川真一さん。そしてBASEうちわだ!


ー起業してから嬉しかったこと・つらかったことを教えてください!


つらいことはほぼないんだけど、強いて言うならメンバーがいなくなるときですね。次のチャレンジに行くは嬉しいことなんだけど…。

嬉しいことは、メンバーの成長の実感したとき。メンバーが上司にアポ取りの練習をしてもらうために朝早く集まっていたときは嬉しかったです。後は、仕事がうまくいかなくてそれを必死に乗り越えようとしているときとか。毎日トラブってるってことは昔できてなかったことができるようになっているっていうことで、まだまだ階段はいっぱいあると思うけど。そういう次の大きい壁にぶつかっているメンバーを見ると成長しているんだなって思います。



ドアと窓もBASEカラーヽ(^o^)丿


社員の変化や成長、退社するのもそうだけど、そういうのがダイレクトにきます。

現場にいて、一番ユーザーの近くにいるのは僕よりもメンバーだから、みんなにはユーザーについてもっと追求してほしい。僕自体は、もっともっとメンバーの成長を助けたり幸せになってもらうことがユーザーへの還元にも繋がってくると思っています。
実際にデザインや機能も作っているのは現場のメンバーなので。ユーザーの幸せは、一番メンバーが考えるべきだし、僕はユーザーとのひとつ間にいるメンバーっていう存在を幸せにしなくちゃなって思います。 



誰にでもネットで物を売ることができる時代に


ーユーザー層は? 



ショップ開設者だと6:4で女性が多くて、6割の内の2割が主婦の方ですね。購入者も女性のほうが若干多いですけど、ほぼ男女同じくらいです。




ー予想していなかったユーザーの動きは? 


最初は個人が多いかなと思っていたら、予想以上に法人が多かったり。あとは、農業や工業製品作ってる高齢の方など幅広いユーザーに使ってもらえてることにはあまり予想してなかったです。

もうひとつは、 BASEを使ってリアル店舗ができました!とか、美大生がブランドを立ち上げて一日で数百万売上ましたとか。人生が変わるイベントがBASEで生まれたっていうのは嬉しい誤算でした。


かっこいい机…


ーユーザーはどうやって拡大したのでしょうか? 


大したことやってないと思います。意識してプレスリリースや新機能を出すようにはしてたけど、本当にそれくらい。基本的にはクチコミです。購入者としてサイトを訪れてBASEを知ってもらうという感じですね。


ーこれからの展望は? 


ネットで物を買うっていう経済活動の拠点になればいいかなと思っています。それはカートっていうのだけが正解じゃないと思っていて、色んな角度からお金の流通を支えたいし、ユーザーを支援していきたいです。後は、今までお金が流れなかったところにも経済的な役割として、お金が流れるように助けていきたいです。これからはインターネットを使って色んなひとが経済活動ができる世の中になると思うんだけど、その時の皆さんの活動のベースになればいいなと思います。 





BASEグッズもらったよー!!!\( ˙▽˙ )/きゃわああ







BASEでは、経理スタッフ・デザイナー・エンジニアなど大募集中らしいです( ˘ω˘ )
興味のあるかたはこちら!!


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは〜 最近暖かくて気持ちいいですね〜( ´◡` )ひなたぼっこしたい。



前回の記事で記した通り今日はドイツ(主にベルリン)のスタートアップ興味を持ったので書いてみました〜。

アプリのブログなので、アプリも出しているサービスもチョイスしてみました。

(日本ではDLできないものもあったり、アプリなしもありますが、、、)



Blinkist 1冊の本を15分に要約してくれるアプリ



このWEBサービスは、1冊の本を15分に要約してまとめて配信してくれるサービスです。
WEBページ版は、とてもシンプルで見やすいです。本文を読むページは、Mediumのようなシンプルさに似ています。
月$7.99払うと、 20冊以上の本を読めるようになったりします。



f:id:nyohe812:20140312025039p:plain






DriveNow BMWが乗れるカーシェアリングアプリ



このサービスは、知ってる人も多いかもしれないですが一応入れてみました:)。BMWとモビリティサービス企業Sixtによって運営されているカーシェアリングサービス。ベルリンでは、所有物を減らして、なるべくシェアしようという考え方がトレンドなんだとか。
料金は1分間31セント、タクシーとかに乗るよりは全然安いです。



f:id:nyohe812:20140312025051p:plain




DriveNow Car Sharing

DriveNow Car Sharing

  • DriveNow GmbH & Co. KG
  • 旅行
  • 無料



komoot ハイキングとサイクリングのガイドマップアプリ



「komoot」は、サイクリングやハイキングのツアープラインを考えてくれるサービスです。自転車天国のドイツらしいサービスですね。使い方は、出発地点とゴールを決めるとサイクリングまたかハイキングのスポットを交えて素敵なプランを立ててくれます。

日本ではあまり見られないジャンルですが、2013年8月付けでは、200万ダウンロード間近だそう。すごい!



f:id:nyohe812:20140312024648p:plain




waymate 最適な交通経路を提案するトラベル比較サービス



このサービスは、飛行機からタクシーなどの最適な乗り換え案内を見つけ、比較してくれるサービスです。
飛行機などはチケットも予約が可能です。シンプルでデザインもわかりやすいですね(・ᴗ・)競合は、GoEuroWanderio辺り。



f:id:nyohe812:20140312024758p:plain




Beatguide クラブイベントを見つけてくれるアプリ



エレクトロミュージック系のクラブイベントを紹介してくれるサービスです。

アメリカやイギリス、ロシアなど10カ国の国に対応しています。



f:id:nyohe812:20140312024900p:plain




Beatguide

Beatguide

  • Beatguide GmbH
  • ミュージック
  • 無料



Avuba オンラインバンクアプリ



Avubaは、オンラインバンク系アプリです。まだリリースはしてないのですが、メディアにも取り上げていてデザインもかっこいい楽しみなアプリです:)



f:id:nyohe812:20140312024929p:plain




このオンラインバンク系のサービスは、ほかにもサンフランシスコのSimpleフィンランドHolvi、同じドイツのNumberなどが競合でしょうか。



ドイツならではのサービスやアプリはいっぱいありますね!

また記事書いてみたいと思います〜( ´◡` )



このエントリーをはてなブックマークに追加

DIYのかわいいアプリを先週ダウンロードしたので、書きたいと思います( ˆoˆ )/



DIYとは



分かってるよおお!っていう人は飛ばしてください笑

DIYは、Do It Yourselfの略で、日曜大工や家庭菜園など、自分でつくるということを意味します。

DIYアプリでは、◯◯のつくり方を紹介しています。



How.Do (動画)



このアプリは、見てみる限り女の子のユーザーが多いみたいで、編み物やドリームキャッチャーのつくり方、ペンダントのつくり方などが多いみたいです。(かわいい♥)
ベルリンのスタートアップです。



f:id:nyohe812:20140307034236j:plain



f:id:nyohe812:20140307034302j:plain



投稿の例が笑顔のやり方とかかわいい…



デザインもですが、とにかくかわいいアプリです。





DIY (動画)



このサービスは割と知られていますよね、これもかわいい動画系DIYアプリです。

ちなみにそのDIYをforkすることもできます:)



f:id:nyohe812:20140307034805j:plain



なにが可愛いって、アバター(プロフィール写真)を選べるんですが、どれもきゃわいい!!



f:id:nyohe812:20140307034819j:plain



このアプリのユーザーは、子供向けで、年齢選択が8歳から16歳までしかないです笑

サンフランシスコのスタートアップです。動きも面白いので、DLしてみてください。





Step Chips (写真・テキスト)



このアプリは、Yahoo!知恵袋から生まれた日本生まれのHowtoアプリ。



f:id:nyohe812:20140307123802j:plain



日本らしく、ネイルやお弁当などのHowtoが乗っています。



Guidecentral (写真・テキスト)



このアプリは、DIYのプロジェクトやコツをシェアすることで、お小遣いがもらえるアプリだとか。



f:id:nyohe812:20140307123803j:plain
(このDIYは、ピスタチオの殻でネックレスを作ってました。)



アプリページの引用

ここに集うのはハンドメイドファンの仲間たち。手作りの小物、インテリアのアイディア、ヘルシーでビューティーになるヒント、美味しいレシピ・・・。自分の思いをシェアしたり、ステキなアイディアを見つけたり、裏ワザを教えてもらったりしてみませんか。時には自分のハンドメイドのプロジェクトをアップロードするなど、楽しみ方は色々です。早速アプリをダウンロード!





あとがき



DIYアプリは、若い女の子や小さいこどもが対象なので、カラフルな可愛いデザインのアプリが多かったです。

少し気になったのは、How.Doがベルリン生まれのスタートアップだったり、去年紹介したSpendeeという家計簿アプリもチェコだったり、ヨーロッパ系のスタートアップにも興味が湧き始めました。デザインがクリエイティブなものが多い印象で、特にドイツは、SoundCloudなどEyeEmなどが有名でまた調べてみたいな〜って思いました〜( ´・ᴗ・` )



このエントリーをはてなブックマークに追加

かっこいいファイル転送アプリはあまり見られないので、嬉しい:D



We Transfer Mobile

https://www.wetransfer.com/mobile



もともとは、We Transferはオランダ生まれのファイル転送のWEBサービスだったのですが、

(日本とかだとファイヤーストレジとか宅ふぁいる便とか)

ついこの間アプリをリリースされていました( ´・ᴗ・` )!



参考リンク

WeTransfer, fino a 10GB anche da mobile - Wired

WeTransfer arrives for iOS allowing you to send up to 10GB of photos or videos in one go - The Next Web



最大10GBの転送が可能!



3G、4G回線(もちろんWiFi)でも、最大10GBまで写真と動画を送ることができるみたいです。

ファイル転送アプリといえば、お互い同じアプリをダウンロードしないと使えなかったり色々面倒だったりしますが、We Transferは、送り主だけでいいので楽ちんですね。また、複数人にも送ることができます。



デザインがめっちゃかっこいい!!






アニメーションがとってもかっこいいのに、使いやすくていい感じです。

ロード中の画面もかわいいです( ˆoˆ )/ いえーい






WeTransfer

WeTransfer

  • WeTransfer B.V.
  • 写真/ビデオ
  • 無料



惜しい点は、




  • メールアドレスの入力が面倒(アドレス帳からしたい)

  • メールアドレスを打つのに、大文字から始まる

  • 転送時間が少し長いかも(3Gだからかな〜(´°̥̥̥̥̥̥̥̥﹏°̥̥̥̥̥̥̥̥ `))




日本でもこういうアプリ出たらいいですね!



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ