ミキレポ

ミキレポ・第三弾は、「お絵かきは楽しす」をスローガンにイラストに特化したSNS
pixivに遊びに来ました!!
まさかの代表取締役の片桐孝憲さんに突撃インタビュー!

フレンドリーで気さくな社長さんでした☆






受付のタッチ式のパソコンくん!
タッチするとその方を呼び出してくれる。

壁には、pixivに来たお客さんやユーザーさんが書いたもの。
お!中には、ももいろクローバーZのメンバーの絵も!わくわく

ピクシブたんの痛チャリ発見!!



これもユーザーさんの絵だそう。
うますぎ!!


ーpixivのコンセプトを教えてください。

pixivは絵を描く人のプラットホーム、または作ったものを発表する場所になったと思っています。作ったひとにとって、モノ作りがより楽しくなるようなコミュニティだったり、そういう場所であればいいなと思ってます。


ー片桐さんはどんな学生生活を送っていたのでしょうか?子どもの頃から絵は好きだったのですか?

中学までは超ど田舎に住んでいて、高校から浜松で1人暮らしを始めて、毎日友達と遊んでいました。「毎日友達に会えるような状況を一生続けるにはどうすればいいのかなぁ」と考えたときに自分で会社を作れば今一緒にいる友達と働ける!と思い、上京してとりあえず大学に行きました。大学時代はネットしたり、デザインとか映像を作っていたので基本的にずっと家にいました。もともとデザインが好きだったのでその延長で絵も好きだったのですがpixivを開発した馬骨(ばこつ)というエンジニアもイラストレーターになりたかったくらいなので絵は好きです。というか映画や音楽と一緒で、絵は誰でも好きなんだと思います。(笑)

ー高校の時に起業しようと思ったんですか?すごい!

そうですね、東京に行って起業したいなって思いました。ちょうど当時、A BATHING APEとかundercoverを筆頭に裏原のファッションブランドが友達同士で始めて、成功していくというのを見ていたので、ああいう風にすればいいんだと思っていました。今ネットでいう所のGoogleとかFacebookの成功ストーリーに近いものがあったので。それで2000年に大学に入学してすぐインターネットを始めて、インターネットが面白すぎて、4年間くらい引きこもっていました。当時はインターネットが超好きだったら、ホームページを作るみたいなカルチャーがあったので、ホームページを作ったり、デザインやったり、映像を作ってみたりしていました。そこから大学を辞めて、そのままネットで知り合った友人と会社を作りました。

ーかっこいいライフスタイルですね!

でも、本当に会社作るときは何も考えていなかったです。普通に食べていくために、受託開発の仕事して、自分たちのサービス作らないといけないなあと色々作っているうちに、馬骨さんというイラストを描くのも見るのも好きなエンジニアがpixivを開発しました。

ー片桐さん自身も絵を投稿されたりするんですか?

投稿してますよ。スケッチブックにも描いてます。でもやっぱ絵は難しいですねー(笑)

pixiv社員さんのみんなのスケッチブック。




ーpixivの立ち上げ当初は、大変でしたか?

pixivがスタートした時は本当にお金がなくて、なさすぎて消費者金融から200万円借りて、最初の危機を凌ぎました。それに先輩経営者や社内からも絶対にビジネスにならないからやめたほうがいいと言われ続けてたのが辛かったですね。


Pixiv開発時の初期サーバー!
Googleが最初がベニア板一枚から始まったなら、自分にもできるだろうと思ったそうです。


ーやはり起業するのは大変なんですね。これほどまでにpixivが大きく成長すると予想してましたか?

pixivができた時は、全然ダメだと思っていました。それまで〇〇に特化したSNSとか本当にいっぱいできてほとんど全部ダメという状態だったし、写真とイラストの判別をシステムで制限しない状態でユーザーが運営側の意図したようなイラストを投稿したようなイラストを投稿してくれるようにならないじゃないかとかそんな風に思っていました。それでもリリースしてすぐにユーザーが増えていって、すぐに「ピクシブたんを描こう」という企画がユーザー発ででてきて、それを見て本当に感動しました。ユーザーが"pixiv"というものを意識して作品を描いてくれたことが嬉しすぎてこのサービスは、めちゃくちゃいいなと思いました。

ーユーザー間で生まれた企画だったのですね、てっきり会社で募集していたのかと思ってました!

そう、ユーザーが始めて、1年後に会社の正式な企画として発動しました。

pixivグッズいっぱいもらった!!ピクシブたん可愛い♥
実際はステッカーこの2倍くらい頂きました(笑)嬉しいー!
非売品pixivストラップも!☆


ー社員さんてどれくらいいらっしゃるんですか?

今50人くらい。三分の二がエンジニアやデザイナーです。他は中野ブロードウェイでアーティストの村上隆さんと一緒にやっているpixivZingaroの企画やグッズ制作をするチームと広告の管理・販売をするチームがあります。


ー50人で410万人のユーザーを支えてるんですね!日本国外のユーザーってどのくらいいるんですか?

海外のユーザーは12%くらいいて、特に台湾・韓国・中国・タイ。アメリカも多いんですがアジアのユーザーが多いのが特徴です。


ーサイト見てみて思ったのですが、ほかのポートフォリオのサービスに比べ、圧倒的にアニメっぽい絵が多く感じたのですが、他のテイストのユーザー層もいるんですか?

基本的にはどんな絵でもありとしていますが、同人やアニメ絵や漫画絵・・・イラスト的なものが今は多いです。アナログ絵も増えています。


ー今のイラストSNS事情を教えてください。

昔から趣味で絵を描く人達は多かったと思いますが今はコンピュータが安くなったり、ソフトが充実してきたり、"描き方"が書籍やウェブで公開されたり、作品を公開するのもpixivやブログ等があったりして、描いてネットに公開する人というのがこの4、5年かなり増えました。昔は淡々と1人で描いてアップするだけだったのがSNS・・・pixivやTwitter、Ustreamで交流しながらコラボしたり、同じテーマで絵を描いたり、コミュニケーションから作品が創られていると思っています。


ーみなさん使ってるパソコンがそれぞれ違いますね。

普段は会社からコンピュータを支給させるでしょう。でも、普通に考えたら自分の使いたいコンピュータで仕事したいじゃないですか?Windows使いたい人もいるし、Mac使いたい人もいるし、キーボードも英語配列がいいとか最新スペックのマシンがいいとか・・・。なのでピクシブでは、会社で購入費を10万円支援して自分で自分のパソコンを買うという事にしています。僕だったら会社からよくわからないマシンを支給されたら萎えるんで。

iMacやWindows、MacbookAirの方もいました。


ー今後の展望をお聞かせください。

サービスとしては国際版というのをプロトタイプでリリースしているので、これをもっと改善して、海外のユーザーを増やしたいです。それと"絵を描くのをもっと楽しくする"というサービス理念なので、サービスの規模だけでなく、創作がもっと楽しくなるような周辺サービスや環境を充実させていきたいです。


ー片桐さんみたいな経営者憧れます!将来の私にアドバイスをお願いします!

人にいっぱい会って、コミュニケーションすることって楽しくて、それが仕事だとか勉強だとか勘違いしやすいけど、もうFacebookとかTwitterがあるからいろんな人を知っている・知り合いであることってあんまり価値がない。何かのプロになるのなら1つのことに1万時間以上はかけないといけない。だから引きこもって何かに没頭して、何かのオタクになったほうが圧倒的に価値が高いんで、そうなったほうがいい!というのが僕からのアドバイスですね(笑)


ー社長ならではの深い良い話が聞けてとても感動しました。私もそれくらい没頭する何かを見つけたいと思います。片桐さん、ありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

第二弾は、インターネットを利用したビジネスでの起業を志す若手起業家を支援するプロジェクト 
ONLab(オンラボ)こと Open Network Lab に遊びにいきました。

ここでは、世界進出を目標に頑張っているスタートアップ(若い新規事業の会社)が集まり、
日々お互いが切磋琢磨しあい、各界の先輩からフィードバックをうけています。




Open Network Labプロモーションビデオ 

Open Network Labのロゴ


Managing Partnerの前田ヒロさんにお話をお伺いしました!
突然お邪魔したにもかかわらず、
とても親切に対応してくださいました!

ー具体的にOpen Network Labとはどんなプロジェクトなんですか?

Open Network Labは、株式会社デジタルガレージ株式会社カカクコム株式会社ネットプライス ドットコムの3社が立ち上げた起業を志すエンジニアや起業家を支援するプロジェクトです。起業家を育成するっていう目的で始めたプロジェクトで、年に2回、アイデアをもった、起業家や、スタートアップのチームを募集します。そこから、良い5チーム選抜します。そして、選んだ後に3ヶ月間ここのラボを使ってもらったり、みっちり色々教えるという事を行なっています。


例えばどんな事を教えているのでしょうか?

例えばデザインですね。昨日はAQという世界的でも活躍しているデザインコンサルティングの会社がきて、各社1時間づつ面談をして、サービスのUIを見てもらいました。Open Network Labには、様々な分野の*メンターが来てくれます。
*メンター 仕事に効果的なアドバイスをしてくれるスペシャリスト


ー1日のスケジュールを教えてください。

毎日違いますが、集中してる所は今まで卒業してきた会社とのキャッチアップです。なのでみんなとできるだけ会って、みんなの事業の進捗など聞いて、そして次何やるべきかっていうのをメンタリングしたり、じゃあこの人会ってみたら?というように繋げたり。また、卒業してないチームも個別に会ったり、後はメンターの調整などしています。昨日のAQもそうなのですが、そういったメンターの時間を調整してできるだけOpen Network Labに呼ぶっていう事をしたり、後は将来Open Network Labに入ってくるチームを探さなきゃいけないので、色々な人を紹介してもらい色々な人に会っています。





ー過去に例えばどんな卒業生がいるのですか?

過去にはgifteeっていうサービスがあったり、Wondershakeっていうのもここから生まれました。でも、卒業しても結構ここで仕事してる人も結構多いですね。それに最近恵比寿にオフィスを建てる人が多くて、giftee(第一期生)も近くにオフィス建てて、Sassor(第一期生)も。


ーOpen Network Labにしかないモノってなんでしょうか?

色々あるけど、一番の財産は人だと思います。ここに集まってる人が一番の財産で、たぶん色々な所真似しようとしてるけど、うちはすごい良い人達が集まってるからなかなかそれは真似できないかなと。しかもシリコンバレーと直接つながってる*インキュベーションはないと思います。
*インキュベーション 起業支援


ー今後の展望は?

色々ありますが、とにかく成功率や成功のスタートアップ、会社をたくさん生み出す仕組みを作っていきたいですね。毎回、回を重ねるごとにだんだん感覚がよくなっているのを感じてます。なので僕の中では第5期、第6期ではもっといい感じになると思いますね。初回は40社くらいしか集まらなかったのですが、今回100社くらい集まりました。応募数も上がって、また知名度も上がりyahooニュースとTechcrunchというITのニュースサイトに載ったり、最近はワシントン・ポストにも載りました。

僕はここの仕事が好きですね。いろんな人と会えていろんな人のアイデアを聞けるから楽しいです。アイデアを交換しあえるのはスタートアップならではの文化ですね。


ー色々な人と出会えるのはとても楽しいですよね!今日はありがとうございました!

いくつかある部屋の中からひとつ見せてもらった。


世界へとでっかく書いてある作品が貼ってあるが一番先に目に入った。
よく見るとOpen Network Labのロゴが!













皆さんお仕事中、頑張って!


きゃー!可愛いキーボード!
いろんなPCグッズがある!さすが!


パソコンの裏にはたくさんのステッカー♥




スマートにパソコンをこなす女子が!
ここにもDIGIGIRL?



このエントリーをはてなブックマークに追加



前回に引き続き、レシピ検索No.1 COOKPAD(クックパッド)のレポート。
前回の記事はこちら レシピ検索No.1 COOKPAD 働く環境


エンジニアさんの階。
壁の色も変わって、スタイリッシュ。

COOKPADで働くトップレベルのエンジニアの一人、山下 大介さんに遭遇。
ニコニコ動画で番組持っているそう。しかも、
Google公認 App Engine API Ecpert!すごい!!










   山下大介さんプロフィール
23歳の時に株式会社SOBAプロジェクトを創業。
30歳を機に所有株式を売却、起業準備中にCOOKPADから誘いを受け
世の中の主婦をエンパワーメントをできると思い、COOKPADにJoin。
山下さんは人々をエンパワーメントすること、海外旅行&写真鑑賞に興味があり、
特に起業家支援に強く興味があるそうです。
山下大介さんのブログ:ミネルヴァの梟は黄昏とともに飛び始める 


私は、最近コーディングに興味を持ち始めたので、
プロフィールを見て圧倒され、もっとお話してみたかった!と思いました。


COOKPADでは近隣に住んでいる社員さんが多く、
自転車通勤が基本みたい。フレックス勤務のエンジニアさんにぴったりだね。
ロッカーが並んでて、雰囲気はシリコンバレーのスタートアップ?


ここで、UIデザイナー(ユーザーインターフェース)として働く、
片山育美さんのお話。

片山育美さんはスケッチブックを片手に可愛い猫ちゃんのポーチを首からぶら下げていました。
美大出身で、アプリの可愛いイラストなども描かれるクリエイティブな女性。
私がいだいていたエンジニアのイメージとは、ちょっと違った印象でした。

ーUIデザインというのはどんなものなのでしょうか?

片山さん:UIデザインのUIとは、ユーザーインターフェースの略です。
インターフェイスという単語の意味は何かと何かを結びつけるという意味なのですが、
ウェブで言うと、COOKPADっていうデータベースとユーザーの間がインターフェース。
みなさんが使っているサイトも、実際は膨大なデータベースなんです。
そのデータベースを見やすいカタチにするっていうのがUIデザインですね。
ユーザーにとって、わかりやすくしなきゃいけないし、レシピの検索のしやすさや、
またユーザーからも情報発信しやすい環境、使いやすさからの機能も考えなければいけないです。
いいレシピを出せば良いといっても、私たちだけではどれが良いか分からないので、
COOKPADができることと合わせて、
ユーザーがメディアや情報を作り出せるようにすることを重視しています。


ー仕事のモットーとは何ですか。

片山さん:モットーですか…。今言った事と近いかもしれないですけど、
ユーザーが嬉しい且つ、COOKPADで開発者の思いが通じるような開発をすること!
ユーザーが喜ぶだけで一方通行だと、エンジニアが死ぬじゃないですか?(笑)


ーそうですね(笑)、両思いじゃないとダメですよね。

片山さん:両思いにするためのキューピット的な存在であったら嬉しいです☆(笑)


ー大変だけどやりがいのある良い仕事ですね。

片山さん: 普通にエンジニアが新しいすごい機能を使っても、
デザインが見づらかったりすると使えない!みたいなことがあると思うんですよ。
それをユーザーにとって使いやすくすれば、エンジニアにとっても使ってくれて嬉しいし、
ユーザーも使いやすくて嬉しいっていうみんな幸せみたいな☆


ーいつも使いやすいCOOKPADを作っているのは、UIデザイナーさんの存在のおかげだったんですね!これからもCOOKPADの未来に期待してます!ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

第一回ミキレポ、私もいつも料理を作るときには欠かせない
レシピ検索No.1 COOKPAD(クックパッド)に遊びにいってきました。

みてみて!お土産にCOOKPADステッカーもらってしまった!!
感激すぎる!!さっそく愛用のMACにペタっと貼ってます。ふふふ



現在、108万以上のレシピもあり、ユーザーは1500万人以上だそう。すごい!!



場所は白金台☆ 半透明でステキなビルだー。5、6、7階がCOOKPADのオフィス。
まずは、営業や管理系部門の方々がいる5階へGO!

入り口には、COOKPADのロゴが!!照明がちょっと当ってておしゃれ。


UI(ユーザーインターフェース)デザイナーの片山さんと、人事部の鷲見さんに
COOKPADについてお話をお聞きしました。



ー 会社は何時までやっていますか?

鷲見さん:一応定時は9時半から6時半です。
だけど、*フレックスの人たちもいるので、社員がいる限りは開いてます。
近くに住んで通っている人が多いので、基本はみんなあまり泊まりはしないです。
*フレックス 決められた時間の中で自由に出退勤できる制度

なんだこのでっかいホワイトボードはっ!!
初めてみたよ、この大きさのホワイトボード。

ー やっぱりエンジニアさんのお仕事は、時間かければかけるほどいいイメージがあります。そのため、すごく自由で好きな時間にきて、徹夜して朝までやったりする人はいないのですか?

片山さん:私もそういう印象だったのですが、
個人の特有を活かすCOOKPADでは、ほかの人と協力して足りない部分を補わなきゃいけなくて、なのである程度昼間に来ないと、周りの人と話ができないので、一応昼間に来てるんですけど(笑)でも、朝来なきゃいけないのは、週に1回の全体会議くらいですよね。
鷲見さん:そうですね。5階のラウンジに全社員が集まって情報共有する「全体会議」があります。執行役の話や、その時ホットなトピックを誰かが1人プレゼンします。それが金曜日の朝ですね。

ここはお水やらお茶やら、お菓子、シリアルが常備。羨ましい…。


ー いいなぁーフレックス!
 社員の方はどのくらいいらっしゃるんですか?

鷲見さん:今は、100人くらい、アルバイトの方も含めると、150人くらいです。


ー エンジニア率はどれくらいですか?

鷲見さん:エンジニアは30%くらいです。前より増えましたね〜。


ー COOKPADにしかないものを教えてください。

鷲見さん:難しい質問ですね(笑)
まずはキッチンですね、あの大きさのキッチンは社員にとってもお客様にとってもインパクトが大きいと思います。定期的に食材が届くので、特にお昼は多くの社員が料理していますよ。


でっかいキッチンがどーん。まるでショールームのように美しい。
自由に使える新鮮な食材と、調味料が完備されていて、
社員さんはいつでもここで料理していい。
以前はここでシェフによるランチが抽選で15人、週2回のランチがあったそう。

ー さすが、COOKPADですね! 皆さん料理がお上手そうですよね。

鷲見さん:できない人もいますよ(笑)
でも、みんな料理しようって気持ちになりますよね〜。

片山さん:料理できないエンジニアさんも一緒にやりたがりますね。

鷲見さん:エンジニアの方って自分が使う道具にすごいこだわりますよね。
例えば、マウスだったりキーボードだったり。
でも、それに通じるのか、料理を作るツールにも、こだわり始めてるんですよね。
Cookpadに出勤するうちに、パティシエみたいになっちゃった人もいました。
彼はちょっとうまいレベルではなくお店で作ってるような…。


ーアプリを作るように、お料理も皆さんでやってたらやりたくなりますよね。とっても、楽しそう!


このカラフルな本たちは、
世界中から集めたレシピ本。
一部がこのようにエントランスに置かれている。


次回は後編、UIデザイナー片山さんのお話とエンジニアのお仕事についてレポートします!
お楽しみ!!



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ