ミキレポ

毎日1冊だけでも頑張ろうと思うのですが、 なかなかできないものですね。今月も主に積読を解消していくだけの日々でした。

笑いのカイブツ
ツチヤ タカユキ
文藝春秋
2017-02-16





 
あのこは貴族
山内 マリコ
集英社
2016-11-25








ラインズ 線の文化史
ティム・インゴルド
左右社
2014-05-21


紙の世界史: PAPER 歴史に突き動かされた技術
マーク カーランスキー
徳間書店
2016-11-24


現れる存在―脳と身体と世界の再統合
アンディ・クラーク
エヌティティ出版
2012-11-09


朝のガスパール
筒井康隆
新潮社
2013-07-05






マチネの終わりに
平野 啓一郎
毎日新聞出版
2016-04-08


このエントリーをはてなブックマークに追加

去年、1年で150冊以上読むことを目標にしてみたんですが、100冊ちょいで失敗してしまったので、今年は、読んできたものを更新していこうと思います。



結構よかった。 物語の中に出てくる街のイメージが、一昨年行ったスコットランド・エディンバラを思い出す。ただ、村上春樹の考えるかっこいい生活は私は好きではないぞ!!←


 
去年読んだ高校生のブルースにつづいて、読んだ劔さんの本。こういう青春が存在する世界っていいなって思った。切ないけれど、うらやましい。


 
ヨーロッパいきたい〜。おしゃれになりたい〜。


 
タイトルは少しダサめだけど、しっかりした行動経済学の本。面白かったので、もっかい読みたい!スラックのある人生にしたい〜。

バースト! 人間行動を支配するパターン
アルバート=ラズロ・バラバシ
NHK出版
2012-07-25

 
人間行動は、ランダムじゃなくてバーストのパターンで決められている。エピソード集的な部分が強くて、少し読むのに時間がかかっちゃったかも、でも面白かった。

紙の歴史―文明の礎の二千年 (「知の再発見」双書)
ピエール‐マルク=ドゥ ビアシ
創元社
2006-09


シンプル写真とテキストで分かりやすく紙について書かれている。分かりやすい。

中卒の組立工、NYの億万長者になる。 (角川文庫)
大根田 勝美
角川書店(角川グループパブリッシング)
2013-01-25

主人公は、水村美苗さんの「本格小説」のモデルになった方. 人が成長してったり、夢を掴んでく物語シンプルに好きだー…!(笑)

雨ン中の、らくだ (新潮文庫)
立川 志らく
新潮社
2012-05-28


立川談春さんの「赤めだか」を読んだら、読んどこうと思って手に取った本。同じ出来事を別の人で書かれているものを読むのは面白い。師弟関係、結構好き。。

住友銀行秘史
國重 惇史
講談社
2016-10-06

こんな時代、業界があったんだなって衝撃的で、内容が詳細でさらにびっくりした。




みすず書房の本を読むことが(意識しているからか)増えたので、読んでみた。当然だけど、パソコンがないの出版社ってすごい。。岡本太郎の養女(彼女)が、若い頃で無給で働いていたという話し面白い。



新書のサイズ感で、結構な密度の情報が詰まっていた。2016年の音楽ニュースからCDの時代の話もどれも面白かった。



映画を見たので、一応読んだ。刑務所のことを大学と行っているのがよかった。

ジミー大西
関西テレビ
1992-05
おすすめされて借りて読んだ本。日記系は読むのが苦手だったけど、よかった。しょーもなくて破茶目茶で、元気もらった。



ソシャゲ特集で読んでみた(まだ途中)。いかに遊んでもらうかではなく、ゲームを辞める理由のなくすっていう考えが面白かった。なめこ栽培とかPokemonGoとかそうなのかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加


この前、初の出版社に遊びにいきました。 そこには、かっこいい図書室が…。
写真を撮りたかったけど、興奮しすぎて忘れてました。(許可もなかったというので)
図書室のあるオフィスって改めてかっこいいなーと。
ここでは、仕事をしてて、「ちょっと探しものしてきます!」って図書室に行くっていうのかーいいなー。(したいだけ)
 
o4-yygi5jbc-glen-noble

※イメージです。

 本屋さんとか図書館に行くと、「新しい本出とるー!」「あっこれも面白そう」「わーなんだこれー!」ってな感じで好きなものを突き詰めたくなる反面、新しい分野に興味が湧く瞬間であったりします。インターネットで探しものをするのは、どんどん深掘りしていくイメージで、広くてもレコメンドしてくれた類似なものとか。アナログで探すときは、いろんなジャンルがたくさんあってわくわくします… 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、@mikirepoです。
個人的に2016年印象に残ったサービスを振り返りたいと思います。

Food pornの王者「Tasty」

Buzzfeedが運営している、毎月5億人にシェアされている料理動画「Tasty(テイスティ)」。昨年Tasty Japanも創刊され話題になりました。2017年現在、Twitterのフォロワー数約39万人、Facebookは約7800万人、YouTubeは190万、Instagramは740万人。昨年11月のDIGIDAYの記事では、現在、BuzzFeedの動画視聴数全体の37%がTastyだという。

ちなみに、最も再生されたレシピは、こちら。 1.7億回再生されたそう。うまそう。。
 

webから紙

最近は、自分だけのレシピブック「Tasty Book」を販売し、ベストセラーになったとBloombergが報じました。価格は、35ドル(ペーパー版は24ドル)2ヶ月で10万部を売り上げたそうな。販売はWeb上で、本体にメッセージを入れることができるので、ギフトにもできる。
03
レシピブックの作成はとても簡単。人気の材料(チーズやアボカド)や簡単レシピ、最高のデザート、ベジタリアンなどの様々な角度から7つ、自分が好きなものを選ぶだけ。
03

インスタント動画の先

最近Buzzfeedが料理動画でアクセスを稼いでいる動画といえばこれ。



この動画シリーズ「Worth It」は、Buzzfeedスタッフが近くのお店に行ってインタビュー・実食をし、安い物、中くらいの物、高い物、どれが一番価値があるか決めるという動画シリーズ。これまでに、お寿司、ステーキ、バーカーなどを投稿し、多くの動画が1000万回再生以上されています。長い動画であっても、食べ物コンテンツはやっぱり強い。


日本の料理動画の王者は誰に?

日本では、DELISH KITCHENKURASHIRUGOHANもぐー、そしてTasty Japanあたりが人気の料理動画。
海外の(特にアメリカ)料理動画サービスは、結局は、Food pornとして機能していると印象で、健康的なレシピより、とろとろチョコレートに伸びるチーズ、ふわふわパンケーキ、肉汁じゅわああ的な方がやっぱり画力強いですよね。
52

理想的には、ユーザーに作ってもらうことがゴールになっているのかなと思うのですが、「うわー美味しそう…これもやばい…このケーキもやば(ry」的な気持ちになって終わってしまいそうだけどどうなんだろう。日本の料理動画サービスは、いい意味でFood pornとしてあまり機能してなくて、「これ作りたい」ってな感じでレシピを探しに行くユーザーのほうが多そう。そこらへん知りたいところです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、90年代のインターネットについて調べてる@mikirepoです。テキストサイトについて調べているうちに、久しぶりの日記らしい日記を書こうと思ってたら2017年になってしまいました。

最近よく遊ぶ友達のリッキーくんと コーヒーの大学院 と BankART Studio NYK に行くため、馬車道に行ってきました。早めに着いてふらふらしてたんですけど、馬車道・日本大通りあたりってコーヒー屋さん多いんですね。「コーヒーショップ」と書いたお店がちらほら。

IMG_2651

大学院発見!

「コーヒーショップ」っていう言葉、最近初めて聞いたんですが、かわいいですね。あべ静江の「コーヒーショップで」で聞いた言葉で、個人的に喫茶店よりもかわいい言葉の響きだなー…😇



ちなみに、コーヒーの大学院でのBGMは静かめのクラシックでした。

BankART Studio NYKの展示は、柳 幸典「ワンダリング・ポジション」でした。展示も面白かったんですが、横浜の海の景色っていいよな…

15909401_1284536901607425_1520930800_o
(リッキーが撮ってくれた写真、ありがとうございます!!)


IMG_7039



IMG_7039


バスの上に、謎の微笑みに癒やされた。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ